リフォームの進め方:まずは家族全員で、不満を整理

リフォーム成功のカギは、綿密な計画を立てる事

綿密な計画を立てて実行していくことが、リフォーム成功のカギです。ただその第一歩としてするべきことは、シンプルに家族全員で家に対する不満を挙げて整理することです。
家族のメンバーそれぞれ、役割と生活習慣が違います。他のメンバーのリストアップされた不満を見て、意外に思うことも多いはずです。それを整理して実行可能なものを残していくことで、後悔しないリフォームが実現できます。

不満が出やすいのはキッチンや洗面所、浴室などの水回りです。キッチンの使い勝手は、料理の出来栄えと調理時間に直結しますから、徹底的に不満を洗い出す必要があります。よく出るのは人がすれ違いにくいこと、調理器具の収納スペースが少ないこと、コンロの流しの掃除がしにくいことです。リフォームで改善可能か否かは気にすることなく、不満を出すことがポイントです。

洗面所も収納と掃除のしやすさに満足できない家庭が多いです。また湿気が抜けなかったり、シャンプーだけをすることができなかったりする点が改善ポイントとして挙げられることがあります。どちらも最新の機器を導入することで解決する可能性があるから、忘れずに話し合うことがかかせません。余談になりますが、洗面所に置きっぱなしのコスメや整髪料を邪魔に思っている家族は多いです。リフォームをきっかけに、洗面所に置くものについて話し合うのが得策です。

浴室はよくリフォームの対象となる場所です。なぜならカビが出やすい場所ですし、機器を新しくすることで一気に快適になる可能性が高いからです。足元の滑りやすさや体の洗いやすさ、追い焚きのスピードなど不満足な点を聞いてみることが大切です。

不満を抱いていても言いにくいのがトイレです。特にウォシュレットや便座ヒーターが欲しいと思っていても、恥ずかしいから言えない人が少なくありません。ですからこの2つについては、不満として出なくても話し合うことを強くおすすめします。

このように不満を列挙したら、場所ごとに不満を整理していきます。プランナーや工事会社に伝わりやすいように、書類にするといいでしょう。

Scroll Up