床板に無垢材を使ってお家リフォーム!お部屋に木の温もりを

床板のリフォームといえばフローリングへの変更などをお考えと思いますが、フローリングの床材にも様々な種類があります。床は毎日の生活で一番に利用している所であり、面積も広いので部屋の印象に大きく影響を与える部分でもあります。

床材で人気の「無垢材」とは

新築住宅やリフォームでも、床板で人気なのが無垢材を使用した床板です。無垢材とは、原木から床板の寸法に切り出して作られた床材の事で、木の質感や肌触りに直接触れることができて大変人気があります。

「無垢材」の床板と「合板」の床板との違い

無垢材の一番の特徴として、調湿性に優れている点が挙げられます。ジメジメと湿度が高い時には無垢材が部屋の湿気を吸収し、空気が乾燥している時には湿気を放出して部屋の湿度を整える働きがあります。

また、木の肌触りや温かみを感じられる他にも、長く利用すると色合いや雰囲気が変わっていくのも特徴の1つです。良い面がある一方で、無垢材はキズがつきやすくメンテナンスの手間も掛かるので、汚れの付きやすい部屋での仕様にはあまり向いていません。

もう1つ、一般的な住宅のフローリング材に使われるものに合板があります。合板とは、文字通り何種類かの木材を接着剤等で重ね合わせ、床板の寸法に切り取った資材の事です。表面には塗装やコーティングを施し、床のフローリング材として利用します。

床板に使用する合板は、表面を塗料などでコーティングしているので水や汚れに強く、その種類も豊富です。部屋の雰囲気や場所に合わせて利用することができますが、接着剤を使用しているので化学物質による「シックハウス症候群」を引き起こす可能性があります。

無垢材フローリングの張り替えで木の温もりを感じるお部屋に

無垢材の柔らかい木の肌触りや感触を体験すると、もう他では満足できない方もおられます。柔らかい床板はそのまま寝転がっても冷たくは無く、木の温かみを直に体感することができます。

床板も木目や節目が一枚一枚違うので、ナチュラルな風合いで部屋を演出。家にいながらにして自然を感じる事ができます。利用する無垢材によっては木の香りが部屋中に香るので、天然のアロマテラピーを楽しむこともできます。

使用する原木によって様々な雰囲気や特徴が出せるのも無垢材の魅力です。住まいのリノベーションにピッタリな無垢材。自分の好みのイメージや演出に合わせて、お気に入りの無垢材を見つけてみてはいかがでしょうか?

Scroll Up