窓ガラスをペアガラス(複層ガラス)に交換するメリット

住まいに関する断熱リフォームの中に、窓ガラスをペアガラス(複層ガラス)に交換するリフォームがあります。

ペアガラスとは窓ガラスが2枚で1組になっているガラス窓のことです。ガラスの間には数ミリ程度の隙間があり、隙間のことを「中空層」といいます。中空層があることで熱を伝わりにくくする効果がペアガラスにはあります。

中空層には空気の他に、特殊なガス(アルゴンガス)が充填されているものや真空になっているタイプもあります。

ペアガラスの断熱効果で省エネと節電が期待できる

住宅の中で1番外気温が伝わりやすいのは窓です。ペアガラスに交換することで外の熱や冷気をシャットアウトすることでき、内側からの暖房の熱や冷房の冷気を外に逃がしにくくなります。

その結果、余計な冷暖房を使わずに済むので省エネにもなり節約にも繋がります。ペアガラスに交換することで経済的なメリットも生まれます。

冬の大敵!結露にもなりにくいペアガラス

冬に暖房を使っていると窓の内側に発生する結露。これは窓の外側と内側に温度差がある為に起きてしまう現象です。

結露は放っておくとカビの発生や、窓枠周りの腐食の原因に繋がります。発生したカビはダニのエサになるので、喘息やアレルギー反応といったシックハウス症候群の原因にもなります。

断熱効果の高いペアガラスに交換すれば家の外と室内の極端な温度差が無くなるので、冬場の結露を抑える事が可能です。

その他のペアガラスと断熱リノベ

他にもペアガラスには、窓枠のサッシ周りの僅かな隙間を無くして防音性能を高めたタイプのペアガラスや、ペアガラスの間にさらにもう1枚ガラスを入れて断熱性能を高めたトリプルガラスなどもあります。

ペアガラスは性能が高いほど高額になりますが、指定されたペアガラスを使用することで、国が断熱改修を支援する「高性能建材による住宅の段熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」の制度を受けることも可能です。

Scroll Up