マンションのスケルトンリフォームって可能ですか?

スケルトンリフォームは、建物を支えている柱や壁以外を全て撤去し、骨組みのみにした状態からするリフォームのことです。性能の低い古い建材や設備が新しくなるばかりではなく理想の間取りに近づけられるため、住宅性能は格段に上がり快適に暮らすことができます。

また、リフォームでこれまでの生活スタイルを変えてみたいという希望や、やむをえず変更しなければならない間取りの問題も解決できるのが魅力です。さらに新築を建て直すよりも、費用と時間を節約できるというのも大きな魅力の1つですね。

では、マンションでスケルトンリフォームはできるのでしょうか?結論から言えば、マンションの共用部(玄関ドアや窓など)以外と、マンションの管理規約等に違反をしなければ、ほとんどの場合マンションでもスケルトンリフォームは可能なのです。

・自分で間取りや配置を決めることができる

マンションを購入したときには、あらかじめ間取りが決まったものを購入したと思います。スケルトンリフォームなら現在の生活スタイルに合わせた間取りの変更等で、理想のスタイルに近づけることができます。

ただし、構造上どうしても外せない柱(筋交い)や壊せない壁(耐力壁)も有ります。これによって、希望通りの部屋の間取りにはならない可能性もありますが、それを逆手にとって部屋の演出に利用する方法もあります。

いずれにしても、自分好みの部屋により近づけられるのが、スケルトンリフォームの大きな特徴です。

断熱性や遮音性を高くして快適にできる

断熱に関しても、性能の高い建材に変更する他、躯体の壁から内壁を離(ふか)して新たに断熱材を充填する等。断熱材や工法も様々な種類があるので希望に合った方法で、断熱性能を上げてマンションのコンクリートから伝わる熱や冷気を格段にシャットアウトする事ができます。

またお風呂場やトイレなど、あまり音を外に出したくない部屋の壁の中に遮音シートを壁の中に施工すれば、音漏れを減少させることも可能です。特にマンションでは上下左右には隣人が生活しているので、音を入れない、漏れ出さないといったリフォームは重要です。

・見えない構造部や設備などの点検が可能に

築年数の経つマンションでは、建物自体の老朽化や設備の劣化が大変気になります。スケルトンリフォームでは内装材をすべて撤去するので、マンションの梁や柱(躯体)の確認や配管や配線といった、普段なかなか確認できない場所を確認、メンテナンスをする事ができます。

また、内装材を剥がした壁の内部が腐食してカビの発生源になっていると、ハウスダストによって健康にも影響を与えてしまいます。マンション内部のメンテナンスや修繕ができるのも、スケルトンリフォームの大きなメリットです。

・スケルトンリフォームで快適なマンションライフを

マンションでの生活は、戸建て住宅に比べると制約される部分が多いと思います。これまで我慢しなければならなかったことや不満な生活環境を、スケルトンリフォームで希望に近づけることが可能になります。

マンションだからといって諦める事はありません。マンションのスケルトンリフォームについて興味がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

Scroll Up