大型リフォームのメリットとデメリットとは?

愛着のある我が家をリフォームして、今後も長く住み続けよう。また、古民家を買い取り古い家の雰囲気を活かしつつ、モダンでおしゃれな古民家レストランを経営しよう。

最近はこのような想いをお持ちの方々が、年齢に関係なく増えてきております。

こうした想いを叶えるのに、大型リフォームは大きな力になることは間違いありません。そのために、大型リフォームのメリットとデメリットを知ることは大切なことです。

大型リフォームのメリット

これまでの不満なところを変更できる

建物は住んでみて初めて良さや悪さが解ります。実際生活してみると、部屋の大きさや位置が問題だったということがよくあります。大型リフォームなら今の生活環境に合わせて、部屋の大きさや間取りを変更することができます。

住宅性能をUPするができる

 外壁や内壁を外して新しい壁材に変更するリフォームでは、住宅の断熱性能や遮音性能を高めることができます。同時に、建物の骨組み(躯体)の状態が確認できるので、柱の補修や補強が行えて建物の耐震対策もできます。

 他にも床材や天井の変更といったリフォームでは、目に見える部分だけでなく給水や排水の配管、電気配線といった目に見えなかった部分も新しくすることができます。そのため、結果的に住宅の性能を高くすることもできます。

総合的に費用を安く抑えることができる

 近年は建築費のコストが上昇しています。その他にも、産廃費用などの諸経費も値上がりしているのが現状です。大型リフォームなら建て替えに比べると費用を安く抑えることができ、工事によって出てしまう産業廃棄物も少ないので諸経費も抑えられます。

また、建て替えの場合には「仮住まい」を用意しなくてはなりませんが、大型リフォームの場合、リフォーム内容や工程等にもよりますが、建物に住んだ状態でも工事が可能です。建て替えに比べると、時間と費用が抑えられるのは大型リフォームになります。

大型リフォームのデメリット

大規模な構造の変更が難しく、建て替えに比べると自由度が低い。

 建物には、構造上どうしても壊すことのできない柱や壁が存在します。一般住宅では「筋交い」や「通し柱」。マンションなどでは「耐力壁」などがそれに含まれます。

 このような柱や壁は、建物全体を支えていたり地震の揺れを軽減させるものなので、柱を抜いたり壁を壊したりすることはできません。そのため、間取りの拡張をしたいときには妨げになってしまい、理想通りの部屋に作り変えることができないことがあります。

基礎的な欠陥や不備があった場合や、理想を求めすぎると割高になる。

 大型リフォームでは、これまで天井や壁に隠れていた柱や基礎部分も明らかになるので、リフォームを始めてシロアリの被害を受けていたり、柱が長年の雨漏りの影響で腐食していたということがよくあります。

 柱や基礎は建物の重要な部分で、修復や補修が必要になります。そのため、被害の状況によっては修復費用が大きくかかる場合があります。

 また、住人の趣味や理想が高い場合にもリフォーム費用が割高になります。趣味に合わせた内装リフォームや使用する建材が高品質なもの。また、建築工法に手間や技術を要するものを選択した時には費用が高くなります。

 以上が大型リフォームでの大きなメリットとデメリットになります。建て替えもメリットがありますが、費用を安く抑えて理想の住まいに近づけるのには、大型リフォームがお勧めです。

メイクアップでは 増改築や全面改装などの大型リフォームを数多くご依頼いただいております。まずはお気軽にご相談ください。

Scroll Up