見た目も性能もグンとアップする外壁リフォーム

外壁は様々な自然環境の影響を受ける部分であり、建物を守る重要な役割を担っています。また同時に、その家の印象を強く表すのも外壁です。

外壁は長年暮らしていると、雨や風、熱や紫外線によって、色褪せやひび割れといった症状が出てきます。色褪せた外壁の建物は周囲にみすぼらしい印象を与え、ひび割れがあると建物の内部に雨水が入り込み、柱の腐食やシロアリ被害を大きくします。

数ある外壁の中でも、一般的な住宅で多く利用されているのが「窯業系サイディング」になります。今回はこちらのサイディングの特徴をリフォームの種類をご紹介します。

窯業系サイディングの特徴

簡単に説明すると、セメントと繊維質を混ぜ合わせて作られた板状の外壁材になります。

加工もしやすくて色やデザインも豊富。大量に生産されているので、価格も他の外壁に比べると安いのが特徴です。その上耐火性も優れているので、住宅の外壁に最も多く使われている外壁建材になります。

窯業系サイディングの表面には塗装が施されているので、主原料がセメントでも十分な防水性を保っています。しかし、長く紫外線や風雨にさらされていると、サイディングの表面を触った時にサラサラと粉が付く事があります。

これは「チョーキング現象」というもので、サイディングに塗布されている塗料が劣化して粉状になったものになります。チョーキング現象が出てくると、サイディングを保護していた塗料の効果が無くなってくるため、放っておくとひび割れなどが起きてきます。

環境によって異なりますが、チョーキング現象が起こるのは施工後約10年経った頃に多いので、この位のタイミングで何らかのメンテナンスが必要となってきます。

外壁リフォームの種類

外壁リフォームには次のような種類があります。

・外壁塗装

建物が古く色あせた印象で、汚れや塗装の剥がれのある外壁も、外壁塗装を施せば外観を美しくし、見た目の良い印象を与えます。建物の見た目が良いと、訪れるお客様に良い印象を与える他にも、住人の気持ちもリフレッシュさせることができます。

また、外壁塗装で、サイディングの寿命を長くすることもできます。小さなひび割れなどは塗料で塞ぐ事もでき、塗料の性能によっては紫外線をカットしてサイディングを長持ちさせることも可能です。

・張り替え

既存の外壁を剥がし、新しいサイディングに張り替えるリフォームです。張替えを行うことで、普段は見ることのできない壁の内部の状況を確認することができます。雨水の侵入やシロアリによって、柱の破損や腐食があった場合に一緒に工事をすることもできます。

他にも、古い住宅では壁に断熱材の入っていない「無断熱」の住宅も多いので、外壁の張替えを機に住宅の断熱材の施工も可能です。

・重ね張り

張替えせずに、既存の外壁の上から新しいサイディングの外壁を貼り増しするリフォームになります。重ね張りすることで、断熱効果や防音効果をUPさせることができます。

外壁の張替えとは違い既存壁を剥がす手間も無く、剥がした外壁の産廃費用も掛からないので、外壁リフォームにかかる時間とコストを大きくカットする事ができます。

いかがでしたでしょうか?

外壁をリフォームすることで、住まいをリフレッシュさせる他にも建物の断熱性能や防音効果を上げることができます。

また、サイディングは大量に工場で生産されており、そのラインナップも充実しています。性能も以前に比べ格段にUPしており、色やデザインも多種多様揃っています。

窯業系サイディングの寿命は10年から20年と言われています。建物が10年ほど経った時が、外壁リフォームを考える丁度よい時期となります。

メイクアップでは外壁リフォームのご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

Scroll Up