キッチンをおしゃれにリノベーション。憧れのキッチンスタイルの種類と特徴

キッチンは住まいの中でも最も重要な場所の1つです。キッチンは毎日大切な家族のために食事を作る場所でもあり、楽しい家族団らんのひとときを過ごす場所でもあります。

また、親しい仲間と集まってみんなで料理をしたり、ホームパーティーを開いて親睦を深めたりもできます。キッチンは食事だけでなく、心に潤いも与えてくれます。

ここでは、キッチンリノベーションで人気のキッチンスタイルの種類と特徴について解説していきます。

みんなでキッチンを囲んで料理や食事が楽しめる「アイランドキッチン」

部屋に浮かぶ「島」の様に、部屋の中央にキッチンを構えるタイプがアイランドキッチンです。部屋の壁面に接していないので移動もしやすく、キッチンを囲んで大人数で料理を作ったり、食事を取ることもできる開放的なキッチンです。

キッチン自体も大きく広いので作業効率が高いのが特徴。子供と一緒に料理を作ったり、友人や仲間と料理や食事を楽しみながら、ホームパーティーができるキッチンとして人気です。

また、設備メーカーからはデザイン性の高いアイランドキッチンが販売されています。好みのデザインのアイランドキッチンに合わせ、キッチン空間をリノベーションすることで自分好みの魅せるキッチンに演出できます。

子育て世代に人気!キッチンからリビングが見渡せる「ペニンシュラキッチン」

ペニンシュラとは「半島」の意味で、キッチンの右側か左側のどちらかが壁に接した対面式キッチンです。壁面に接した側にはコンロを置き、調理中の火の熱や油ハネをリビング側に流れるのを防ぎます。

キッチン側からはリビングを見渡せるので、料理をしながらリビングにいる子供の様子を見ることができます。また、リビング側からキッチン内は見えないので、人の視線を気にせずに調理や片付けができるのもメリットのひとつです。

カウンターの高さを調節し、リビング側にカウンターテーブルを取り付ければ、カフェの様なおしゃれな演出も可能です。

コンロとシンクを分けて料理や後片付けもラクラク「セパレートキッチン」

ほとんどのキッチンはコンロとシンクがひとつのテーブル上にセットされていますが、セパレートキッチンはコンロとシンクを分けることで、キッチン内での横移動をすることなく料理が楽しめるタイプのキッチンです。

コンロを壁側に設置することで火力の強い料理も楽しめ、煙や臭いもリビングには届きにくくなります。シンクはリビング側に設置し、家族との会話を楽しんだり子供の様子を見ることもできます。

コンロ側とシンク側に作業台もあるので作業効率もよく、お母さんがコンロで料理をして子供がシンクで洗い物といった、親子のキッチンコミュニケーションも図りやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回はキッチンリノベーションで人気のおしゃれなキッチンを3種類ご紹介しました。

キッチンは家族が集まる場所なので、住まいのリノベーションではキッチンの仕上がりが大変重要です。満足のできるキッチンリフォームは、住まいの造りから家族構成。家族の好みや要望をじっくりと聞いてからプランニングすることが大切です。

素敵でおしゃれなキッチンにしたい方は、私たちに想いを全部お聞かせください。きっと満足のいくキッチンにリノベーションすることができるでしょう

Scroll Up