玄関ドアで印象と空間が変わる。玄関のドアの種類と特徴

玄関に窓が無いので全体的に暗い。雨天の時には換気もできないので、常に玄関が湿っぽくジメジメしているといった悩みはありませんか?

他にも、古いマンションの扉で分厚くて丈夫だけど、開け締めも大変な上に防音性が低い扉が設置されて困っているといった事も。

この様な玄関のお悩みは、玄関ドアを交換するだけで解消できるのをご存知でしょうか?玄関ドアを交換すると、玄関の印象や玄関内の雰囲気を変えることができ、さらに防犯性も高くすることができます。

この記事では、玄関ドアにはどんなタイプのドアがあるのかをご紹介しています。玄関のリフォームを考えたときに、自宅の環境に合わせて玄関ドアを選ぶことで、満足のできる玄関リフォームが可能になります。

玄関ドアにはどんなタイプがあるのか?ドアの防犯性能は?

・外の光を取り入れるタイプのドア

建物の場所や作りによっては、窓もないので玄関に光が入らず、常に電灯を点けなければ靴が見えづらいというマンションや住宅があります。こんな暗い玄関には、光を取り入れる「採光窓」の付いた玄関ドアに交換すると、外の光で昼間でも暗い玄関を明るくすることができます。

ドアに窓が付いていると、外から玄関を覗かれるのではないかといった心配もありますが、採光窓の多くは透明のガラスではなく、すりガラスやデザインの入ったガラスが取り付けられています。

更に割れにくい「強化ガラス」や、2枚のガラスで作られた「複層ガラス」がドアにはめ込まれているので、ガラス部分を割られて鍵を開けられるといった心配もありません。

・風を通して換気のできるタイプのドア

窓のない玄関は換気ができず、湿気がこもりやすく空気も滞りやすいので、梅雨時期や長雨の時にはカビが発生して靴や雨具を痛めてしまいます。

この様な玄関では「通風窓」の付いた玄関ドアに交換することで、玄関の空気を入れ替える事ができるので、カビの発生を抑制することができます。

通風窓には網戸が取り付けられていますが、換気中にこの網戸を切り破られて鍵を開けられるといった心配があります。その為、換気窓には格子が取り付けられており、網戸自体も切られにくい素材で造られたものになっています。

・熱を通しにくくするタイプのドア

玄関ドアは建具の中でも開口部が広く、建物内外の温度を通しやすい場所でもあります。冬場に玄関が部屋より寒く、夏場に異常に暑いのはこの為です。

断熱材の入った玄関ドアなら、住まいの外側と内側に温度を通しにくくするので、室内と同様に冬暖かく夏に涼しい玄関にすることができます。

また、断熱材が入っているので防音性も高くなります。外の音も入りにくくなり、玄関内の会話でも外に漏れにくくなります。

いかがだったでしょうか?

以上の様に、玄関ドアには玄関の環境を改善できるドアが、各メーカーから販売されています。住まいの状況に合わせて玄関扉を交換することで、快適で防犯性の高い玄関に変えることも可能です。

又、最近では、工期や費用を抑えた施工ができる工法もあり以前よりも、気軽に玄関リフォーム可能となっています。

状況に合わせた玄関ドアの交換なら、多くの施工経験と豊富な玄関ドアの知識を持ったリフォーム会社に相談されることをお勧めします。様々な玄関ドアが各メーカーから販売されていますので、是非一度お気軽にご相談下さい。

Scroll Up