線引きの難しいリフォームとリノベーションの違い。

リフォームとリノベーション。ほとんどの方は住まいの改装や改築を行うことと考えていますが、本当の意味はご存知でしょうか?

リフォームという言葉が一般的になり、最近はリノベーションがテレビや雑誌などでも人気のキーワードとなっています。

リフォームとリノベーションの区別は、建築を生業としている専門の業者でも線引きが難しいと言われております。リフォームとリノベーションにはどんな違いがあるのでしょうか?

〇リフォームとは?

意味を知る前に言葉から見ていきましょう。私たち日本人は、建物や住宅の改装や改築の意味でリフォーム(reform)を使っていますが、実は海外ではこのような意味では使われておりません。海外では国家機関や行政などに対して「改革する」や「刷新する」または、「改心する」といった意味で使われています。

話を戻しますと、私たちが建物に対して使っているリフォームは、古くなった建物を建築当時の現状に戻すという意味があります。したがってリフォームとは、屋根や外壁、内装や設備等を、建築当時の質や性能に戻す工事を指しています。

大規模な家全体の工事でも、間取りや設備を変更することなく新しく屋根材の交換や外壁を塗り直し。他にも内装材や設備を交換してもリフォームになります。また、部屋のクロスの張り替えやトイレの便器を交換といった小規模の工事でもリフォームと言います。

このような事から、リフォームは工事規模の大きさなどではなく、建物が新築当時の状態に性能に戻す工事に対して「リフォーム」という言葉が当てはまります。

〇リノベーションとは?

リノベーションは「修理」や「改修」という意味です。住まいの改築や改装は「home renovation(ホーム リノベーション)」といい、海外でも十分に伝わる言葉になります。

リノベーションでは建物や設備は当然新しくする上で、住人の趣味やライフスタイルに合わせて間取りの変更や、キッチンやトイレといった設備のグレードアップや設置位置の変更を行います。そのため壁や床を取り払い、柱や配管の変更を行うので大掛かりな工事となります。

リノベーションは、リフォームよりも建物や設備の性能を今以上に高め、住人の要望するデザインや間取りの変更。さらに設備の設置位置の変更を行って、建物に付加価値を足していく住まいの改修工事に使われます。

〇リフォームとリノベーションの違いのまとめ

いかがだったでしょうか?

おさらいすると、リフォームは工事の規模に関係なく、建物や設備を新築当時の質や性能に戻す工事に対して使われる言葉です。一方リノベーションは、住人の要望やライフスタイルに合わせて住まいを一新し、建物に新たな価値を持たせる工事に指す言葉になります。

リフォームとリノベーションの区別は難しいので、建築会社やリフォーム業者によっては曖昧な表現の所もあります。リフォームとリノベーションは「マイナスからゼロに戻すのがリフォーム」「マイナスやゼロからプラスに変えるのがリノベーション」と覚えると良いでしょう。

リフォームやリノベーションの疑問やご相談がありましたら、ぜひ私たちにお気軽にご相談下さい。地域での長年の実績と信頼でお客様にお答え致します!

Scroll Up