「高気密・高断熱住宅のメリットとデメリットとは?」

高気密住宅

冬は暖かく夏は涼しい家。このような快適な住まいを作るには、建物を高気密・高断熱にすることが1番です。しかし、高気密や高断熱と聞いても、その意味やメリットデメリットをご存じでしょうか?

自宅がどのように造られているのかを知る事はとても大切で、将来リフォームやリノベーションする際にも大変役に立ちます。この記事では、高気密・高断熱住宅の意味と基礎知識。さらにメリットとデメリットについてご紹介しています。

高気密住宅とは?

高気密住宅を簡単に言うと「すきまのない家」の事です。どんな建物でも僅かなすきまが存在し、そこから外部の冷えた空気や熱い空気が出入りして部屋の環境に影響を与えます。

一般住宅のほとんどが、木造軸組み工法という在来工法で建てられています。木は水分を含むと膨張し、無くなると収縮する性質があるので、木造住宅は新築時にはほとんど無いすきまも、年数が経つとどうしても出てくるものです。

高気密住宅は、建物の接合部分や隙間が起きやすい箇所に、気密フィルムや気密テープなどの建材を使い気密性を高めます。他にも、気密性の高い建具を利用し、できる限りすきまができないように造られた住宅のことです。

高断熱住宅とは?

近年の住宅は、壁や天井内部にグラスウールなどの断熱材を詰めて、外部から伝わる冷気や熱をシャットアウトしています。しかし、熱や冷気は壁や天井以外にも窓や開口部から多く伝わります。

高断熱住宅は、断熱性能の高い断熱材を壁や天井に入れたり、窓ガラスを複層ガラス(ペアガラス)や室内側にもうひとつ窓を設ける「二重窓」し、建物の断熱性能を高めた住宅の事です。他にも、開口部のドアに断熱材を詰めた断熱ドアや、断熱性能の高い木製ドアを利用して造られています。

また、断熱材の性能は種類や品質によって変わってきます。同じグラスウールでも、密度の高い製品では断熱性能が違います。高断熱住宅では高機能な建材を利用しており、建物に使用する外壁建材なども断熱性能の高いものを利用して造られています。

高気密・高断熱住宅のメリット

高気密・高断熱住宅は、その高い住宅性能により外気の影響を受けずに快適な生活ができるというメリットがあります。

・光熱費の削減

外気の影響を受けないということは、その分エアコンやストーブを多く使わなくて済むので光熱費を抑えることができます。また、住まいのエネルギー消費が少ない事でCO2の削減と省エネにも繋がります。

・ヒートショックの心配が少ない

高気密・高断熱住宅は、外気の影響を受けず室内の温度を一定に保つことができるので、住宅内でのヒートショックの心配が少なくなります 。

ヒートショックは急激な気温の変化によって起きる現象で、身体の血圧が急に上昇、または急に下降することで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす症状の事です。これは、暖かい室内から寒い廊下や脱衣所に移動したときに発症する事が多く、住宅内の温度差が原因とされています。

・外の騒音が入らず、生活音が漏れにくい

住宅使われている断熱材や二重窓は、気密を保つために隙間が無いように施工されているので、空気を伝わって室内に入りこむ騒音を遮音することができます。また、室内から発生する生活音も外部に漏れにくいので、プライバシーの心配も少なくなります。

高気密・高断熱住宅のデメリット

住宅内での快適な生活ができる高気密・高断熱住宅ですが、デメリットを知ることでその機能を十分に発揮させることができます。

・熱や臭いがこもりやすく、冬場には結露の心配がある

住まいの気密性が高い事で、室内の空気の流れがほとんど無くなってしまいます。そのため、室内で発生した熱や臭いの逃げ場が無くなり、こもりやすくなってしまいます。また、空気中には水分も多く含まれているので、冬場には窓周りや壁紙に結露が発生する恐れがあります。

こうした現象を解消するには適切な換気対策が重要になります。住宅の換気は建築基準法でも定められており、高気密・高断熱住宅では特に換気対策をしっかり行う事で、快適な居住空間を維持することが可能です。

・建設コストが高い

断熱性能や気密性能の高い建材を多く使用し、性能を有効に引き出すための工法で施工するので、高気密・高断熱住宅は大きなコストと時間がかかります。

しかし、このような様な省エネルギー住宅の建設では、各金融機関の優遇金利での融資や、国や地方自治体による助成金や補助金といった融資を受けることが可能です。これらの融資を活用すれば、建設コストを抑えることが可能です。

まとめ

地球温暖化により、私たちの生活環境は大変な状況になりつつあります。高気密・高断熱住宅は、快適な居住環境だけでなく省エネルギーやCO2の削減にも貢献できる住宅です。

また新築だけでなく、リフォームやリノベーションでも高気密・高断熱の施工を行えば、建物の性能も上がり十分な効果を発揮することができます。リフォームやリノベーションでも、金融機関の優遇金利や地方自治体の助成金を受けることは可能です。

しかし、適切な換気や施工を行わなければ、高気密・高断熱性能は発揮されずにかえって健康に重大な影響を及ぼす住まいに変わってしまいます。高気密・高断熱住宅を施工、またはリフォームする場合には、断熱などの施工知識や経験を十分に有している専門業者の意見を取り入れるようにしましょう。

Scroll Up