「工事の費用と期間が抑えられる!外壁重ね張りでの外壁リフォーム」

外壁リフォーム

家の外壁が古くなったから新しくしたい。そう考えていても、費用や工事の事を考えてしまうとなかなか手をつけられない、という事がありませんか?

今ある外壁の上から新しい外壁を貼り付ける「重ね張り」なら、新しく外壁を張り替える工事に比べて費用も抑えて工期も短くて済みます。

さまざまな外壁のリフォーム方法がありますが、ここでは外壁重ね張りのメリットとデメリットをご紹介しています。これまで諦めていた外壁工事を「重ね張り」で一新してみませんか?

外壁の重ね張りとは?

外壁の重ね張りは「カバー工法」とも呼ばれる外壁リフォームのひとつです。既存の外壁の上から、新しい外壁を貼り付ける工法になります。外壁には一般的な住宅に利用される「窯業系サイディング」の他に「金属系サイディング」など色々な種類があります。

基本的には、種類の違う外壁材の上からでも施工する事が可能ですが、既存壁の損傷が激しい場合や、新しく上に貼り付ける外壁の下地や金具が取り付けられない場合には、重ね張りは難しいでしょう。

また、今までの壁に大きなひび割れや損傷がある場合や、壁が浮いたりへこんだりしている場合には、工事前に壁の修繕を行って重ね張り工事を行いましょう。新しく上に外壁を貼り付けるとはいえ、修繕を行わずに工事を行うと損傷部分が原因となる不具合や損傷が起こります。

ほとんどのリフォーム業者は、工事前には既存外壁の調査や補修を行いますので安心ですが、施主として覚えておくとよいでしょう。

重ね張りのメリット

・費用が安く済む

重ね張りの1番のメリットは、なんと言っても「工事費用を安く抑えて外壁が新しくなる事」です。重ね張りと比べられる外壁リフォームに「張り替え」がありますが、張り替え工事に比べて重ね張りは工事費用が安くなるのが魅力です。

その理由は、張り替え工事では「作業手間」と「廃材処理費」がかかるからです。張り替え工事は、既存の外壁を解体してその後に新しい外壁を貼り付けていきます。一方、重ね張りは剥がす工程はないので、その分工事の作業経費が浮きます。

また、剥がした外壁は産業廃棄物になるので、張り替え工事ではその処理費用も工事費用に含まれます。

このように、作業手間と廃材処理費用がかからない分、外壁の重ね張りでは費用が安くなるのが特長です。

・遮熱性と防音性が高くなる

重ね張りは外壁が二重になるので、断熱性能と遮音性能が高くなります。既存の外壁と新しい外壁の間に空気の層ができ、夏の暑い外気を遮断して冬は部屋の暖かい空気を外に逃がしません。また、外壁の厚みも大きくなるので、外の騒音が室内に伝わりにくくなり、室内の生活音も外に漏らしにくくなります。

このように、重ね張りでは断熱効果が高まり、省エネ対策にもなって住まいを静かな快適な環境にすることができるのです。

重ね張りのデメリット

・建物全体の重量が重くなる

外壁が二重になるので、その分建物の重量が重くなります。重くなって何が不都合かと言えば、地震や振動による建物の揺れです。

重くなると建物は揺れやすいという特徴があります。地震の揺れる力は建物の重量に比例するので、揺れやすい建物は内部の被害も大きいですが外壁にも大きな損傷を与えます。せっかく外壁を新しくしても、揺れやすくなってひび割れや破損を増やす結果になることもあります。

デメリットを回避するには、重量の軽い外壁建材の利用や、揺れによる外壁のひび割れ対策を行う必要があります。しかしそれには、施工業者によるしっかりとした知識や、実際に施工する職人さんの技術が大変重要となります。

まとめ

いかがでしたか?

外壁の重ね張りはメリットが多く、新しい外壁に建物をリフレッシュすることができます。リフォーム費用を安く抑えたい方や、工事期間を長くかけたくない人には大変おすすめです。

重ね張りは、ただ単純に外壁を重ねて貼れば良いという訳ではありません。デメリットもしっかりとあるので、リフォームの知識や経験が豊富な業者に工事を依頼しましょう。

外壁のご相談は、長年のリフォーム実績のある私たちにお任せください。しっかりとしたご提案と施工で、ご満足できる住まいのリフォームをお約束いたします。

Scroll Up