新築よりも中古物件を購入してリノベーションする方がいいの?

夢のマイホームを手に入れる!というと新築を購入すると思っていませんか?マイホームを手に入れる方法は新築だけではありません。中古物件を購入してリノベーションをすることでも、夢のマイホームを手に入れることが可能です。

しかし、中古物件は問題ないの?イメージ通りのマイホームになるの?と心配な方もいらっしゃるかもしれません。新築ではなく中古物件を購入してリノベーションをするメリットについて、またその際の注意ポイントをご紹介したいと思います。

1.中古物件×リノベーションでお得にマイホームを!

中古物件をリノベーションしてマイホームを手に入れるメリットとはどのような点なのでしょうか?

■新築よりもお得に購入

中古物件を購入する最大のメリットとして挙げられるのは、費用を抑えお得にマイホームを手に入れることが出来るという点です。新築を購入するよりも、中古物件を購入してリノベーションをするトータル費用の方が20~30%安くなると言われています。勿論、築年数が古すぎて構造面などリフォームしなければいけない部分が多ければ、リノベーションも費用があがるので物件選びは重要です。しかし、上手な物件選びが出来れば、新築よりお得に物件が見つかります。

しかも、リノベーションであれば、間取りや設備など自分好みの家にすることができます。新築の場合であれば、建売ではなく注文住宅になり、さらに費用が高くなってしまいます。

さらに、駅近や通学区域など立地条件の良い場所に新築を建てることは土地が無くて難しかったり、人気があり土地の価格も高くなってしまったりします。その点、中古物件であれば、選択肢が広がり、理想の条件の立地にマイホームを持てる可能性が高くなります。

■見て・触って立体的に確認できる!

新築を建てる場合、確認できるのは土地だけで部屋の大きさなどは平面上でしか確認することが出来ません。最近は新築マンションのショールームなどもあり、事前に間取りや内装を確認することは出来ますが、階数や部屋ごとの日当たりや風通し、立地のメリットだけでなくデメリットを見たり、感じたりすることは出来ません。

その点、中古物件であれば内覧によって物件の広さや天井の高さ、構造などを、見て、触って確認することが出来ます。リノベーション前の物件で、工事によって間取りを変える場合であっても、日当たりや風通しを確認してメリットは活かし、デメリットとなる部分は改善するリノベーションのプランニングを行うことが出来るので、住みだしてから後悔するという点を防げます。

また、立地条件を確認しやすいというメリットもあります。新築建売の場合は特に、区域や街自体が新しく、地域に住んでいる人達も年数が短いため、街の情報が少ないケースが多くあります。しかし、中古物件であれば、街の情報、住みやすさ、近隣の環境が分かります。

2. 物件選びとリノベーションへの連携が大事

新築を購入するのと違い、中古物件をリノベーションする際には、中古物件を購入することと、リノベーション工事をすることの2つの工程が必要になります。どんな点を意識すれば、スムーズに後悔することなく希望通りのマイホームを手に入れることが出来るのでしょうか?

■地域密着型の会社に依頼がベスト!

地域や近隣の情報が分かるという中古物件のメリットを活かすためには、物件探しを依頼する会社やリノベーション会社が地域密着型の会社であることがおススメです。

地域密着型の会社であれば、地域の人の生活の様子、買い物や学校など生活拠点となる家が、暮らしやすい場所なのか地元の方の素直な声を聞くことが出来ます。反対に、区域の方に会社の評判を確認しやすいというメリットもあります。

リノベーションが始まってからも、地域の方に馴染みのあるリノベーション会社が工事を行う方が、知られていない会社が行うよりは、近隣の方の安心度合も違い、良い関係性が築きやすいのも事実です。さらに、リノベーション後も家の悩みや不具合がある際に、すぐに駆け付けてくれる距離にいるため安心です。

■ワンストップで行える会社が安心

お気に入りの物件が見つかった後で、プロの目から見て構造に問題があることが分かったり、水回りの間取りを移動出来ない規約になっていることが分かったり、リノベーションの見積もりをすると費用がかかりすぎることが分かり、希望の半分もカタチに出来なかったりすると、物件がどんなに良くてもリノベーションで後悔してしまいます。

Scroll Up