セルロースファイバーレポート①

~なぜ断熱が必要なのか~

まず初めに。
セルロースファイバーとは断熱材です。
断熱とは「熱」を「断つ」ということです!!!

今から50年程前、家を断熱するという考え方はありませんでした。
日本の住宅は「夏をもってよしとすべし」という考え方だった為です。
このため日本の住宅は夏向きに作られており、隙間をあえてつくるような構造です。
暖炉で暖まればいい、冬は衣服を着こめばいい、そのような考えでした。

しかし、近年では冷蔵庫、エアコン、テレビなどエネルギーを使い過ぎていることから
快適な空間作りと、地球環境をまもる為、政府は「高気密高断熱住宅」を掲げました。

高気密? 高断熱?
高気密高断熱住宅は、高い断熱性(熱の移動を防ぐ)と
気密性(すき間をなくす)を持たせた家のことです。
無駄なエネルギーを使い過ぎない為に断熱材が必要なのです。

Scroll Up