壁材

家そのものが空気清浄機になる!加湿器も除湿器も不要!
漆喰壁リフォーム
漆喰のここがすごい

調湿性

漆喰の主原料である消石灰は、多孔性の物質のため、常に呼吸をしています。
湿気の多い時には細孔に水分をため込み、乾燥する時期には水分を放出して、室内の湿度を一定に保ってくれます。

空気清浄性

住宅内には建材や家具、壁紙を張る際の接着剤等から出る、揮発性の化学物質が存在しています。
そしてその化学物質は30年経った建材からも放出され続けます。
漆喰の原料である消石灰は多孔性の物質であると同時に強アルカリ性であるため、その細孔に空気中の有害な化学物質を吸着・分解し無害化してくれます。また、インフルエンザウィルスや有害な細菌も吸着し増殖を抑制する効果もあります。

安全性

漆喰の原料は自然素材のため、アレルギーの原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質を含んでいないので安全で無害な壁材です。

メイクアップでお勧めする「貝里・Dunpal」は
廃棄処分されゴミになってしまうだけのホタテの貝殻をパウダー状にしたものを混ぜ込んだ漆喰壁材で、ホタテも多孔質の為、相乗効果で高い浄化作用を発揮します。

独自の解繊技術により健康と安全性・環境のすべてを守るために開発された革新的な内装材です。

家の中でもっとも広い面積を占めるのが壁・天井です。
この部分を健康建材(自然素材)に変えると室内環境が大きく改善されます。

Scroll Up