メイクアップの地域活動

エコキャップリサイクル運動

立川法人会として1年に1回地域の小学生に向け租税教室を開いております。
これからの未来を背負う子どもたちに税金の大切さを知ってもらい、社会の仕組みをわかってもらうことによって自分たちの未来は自分たちで作り上げていってもらいたいという思いでこどもたちにえております。

私自身、今になってこどものころにこういう事を教えてもらいたかったと思っております。昔は税金は払いたくないと思っておりました。その考えが変わったのはこの地域の社会の中で生きていると意識し始めたことからです。
こどもができると、地域の意識のつながりの大切さを日々感じました。

その中で辿り着いたのは税金の意味や大切さです。
それをこどもたちに伝え、理解してもらえるとうれしいです。

小学生に向けた租税教室

皆様からご提供いただきましたキャップは、立川法人会青年部に寄付しています。

そして、集められたキャップは、立川法人会青年部からキャップリサイクルメーカーへ直接売却され、その売却金額をワクチン寄贈団体である「認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」へ直接寄付致します。

ご協力くださっている皆様、いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

代表 荒口 仁

Scroll Up